50歳からのリスタート

イタリア人夫と去年離婚しました。1人でも大丈夫。心の自立ブログ。

イタリア日記15

勇気ある大好きな皆様へ

 

元号の発表!令和ですか。昭和世代の我々には何となく親近感がありますね。Rですね。Hの変わりに。

 

子供と喧嘩をしてしまい一気に人生のどん底気分の私ですが、気を取り直してイタリア日記を書いてみます。

 

幸せな記憶

Sant`Angelo in vado

 

マルケ州での様々な記憶がありますが、何となく心に残る記憶がいくつかあります。

ウルバニアの隣街のSant`Angelo in vado に何故か午前中から出かけて、BARで二人で

colazione(朝ご飯)を食べた事。

ちょうどぴったり来る写真が見つけられなくて残念ですが、この街の広場に面した小さなBARでカプチーノとコルネットを食べて、他愛も無いお喋りをしてのんびりして、

幸せだったのを思い出します。

何にもいらなかった。二人で幸せならば。

日本で暮らしたい。子供が欲しい。全て私が望んだ事でした。それにAは合わせて努力してくれた。その果ては生活の苦しさ、仕事の苦しさ、全てのストレス、すれ違いから私達の関係は壊れてしまった。何に向かって進んでいたのか。あの当時は夢しか無かったな。きっとずっとずっと一緒に幸せで居られると信じていた。

 

人生は本当に分からないものです。私が良かれと思って努力している事すらそれがどんな結果になるのかも分からない。

 

夫も子供も幸せに出来なかった私は何のために頑張っているのか。弱音は封印していますが、今日はどうしても泣けてきます。神様許して下さい。ずっとはこんな状態ではいません。

 

ああ泣きすぎて鼻が詰まって息ができない。苦しいのは嫌だ。

 

次にお勉強会に行くまでにポジティブになれるかな。生きていくのは難儀な事ですね。

 

愛と勇気と希望と共に。

読んでくれてありがとう。