50歳からのリスタート

イタリア人夫と去年離婚しました。1人でも大丈夫。心の自立ブログ。

脱走した猫が帰ってきた(泣)

勇気ある大好きな皆様へ

 

今日仕事が終わり携帯を見ると息子から何回もライン電話が。何かと思って電話をすると、「Pが自分の部屋の窓から脱走した」と。ぎゃーーーーーー。網戸を紐で結んで猫が開けられないようにしてたのに。

 

二匹の内の一匹のFは、今迄何回が脱走してはちゃんと帰ってきていたのでまだ楽観はできるけど、今回のPは初めて。捨て猫だけど目も開かない内に兄弟達と捨てられた所を保護された猫なので、外の世界は全く経験がない。

 

マンションの廊下や階段から万が一外に逃げてしまったら、絶対生き延びる力はない。

もしくはマンションの上階だから落ちたら死んでしまう。

 

絶望でいっぱいになり、ふらふらな気持ちで帰宅したら自ら開けた窓から丁度帰ってきた所だったーーーーーーーー!!!!あーーーーー良かった。号泣しました。

 

仕事も副業もオタ活もブログも張り切ってやっている私だけど、猫が脱走してしまったら、外の世界に逃げてしまって発見出来なかったら、もし交通事故にでも合ってしまったら一気に絶望のどん底です。

 

日常は些細な幸せに支えられているのだと改めて実感しました。娘と息子と猫Pと猫Fが元気で生きていてくれたら、それこそが私の幸せなんだと僅か30分の恐怖の時間を経験して身にしみました。二度と脱走しないで下さい。絶対開けられないように網戸を細工します。は~~良かった。

 

愛と勇気と希望と共に。

読んでくれてありがとう。

 

脱走したP

20190319210918