50歳からのリスタート

イタリア人夫と去年離婚しました。1人でも大丈夫。心の自立ブログ。

膿を出してみる。

勇気ある大好きな皆様へ

 

頭痛がだんだんと良くなってきているけど、100%絶好調ではない。

そして思考が半年前のものに時々なる。

30年連れ添った元夫の最後の月日への恐怖と憎しみが湧いてくる。

 

彼が浮気相手を仕事上で頼りだしたのは随分前だった。私も自分の事、子供の事で

精一杯で誰か手伝ってくれるならラッキーとすら思っていた。

その前にずっと秘書のように手伝ってくれている女性がいたので、その人から変わったのかという認識で。

 

でもその関係もおかしかったよね。だって好意が無かったら、あそこまで献身的に助けてくれないよ。彼はそれを利用していたと思う。彼の方は特に思い入れはなかったように思う。失礼な話だ。彼は色んな人の時間を利用して生きていた。

 

そして決定打になった今回の人。そして恐らく今もずっと一緒にいる人。

 

あれ程お互いに誠実に過ごした月日があっても、人は変わってしまうんだな。昔のキラキラ思い出や彼の家族との温かい日々はどこに行ってしまうんだろう。

まだ彼の義父母は元気にしている。もう一生会う事はないのだな。

 

あの時のあの空間を、昨日の事のように覚えている。私は彼の家族を本当に大切に思ってきたし愛してきた。でももう会えない。

 

あんなに誠実だった彼は本物だったよ。子供が産まれるまでは。子供を欲しがったのは私なのだから因果なものです。彼はずっと二人でもいいじゃないかと言っていた。

そう考えると彼も犠牲者なのかな。私のエゴの。

 

もう憎しみからは早く卒業しないといけない。人に毒を吐けば返ってくるよ。

 

でも、最後の踏みにじられ、裏切られ、頭のおかしくなった彼の屁理屈の日々は暴力だった事は間違いない。ずっとあのままあの日々を継続していたら、私は心も身体も壊れていたし、子供(特に娘)は再起不能になっていただろう。

 

だから浮気相手には感謝です。あの毒を上回るエネルギーの持ち主だったらきっと上手くいくでしょう。大変な労力を必要とするけれど、それでも彼に絡め取られてしまった運命ならば仕方がない。

 

そして彼はその助けを今度は逃さないために、必死で取り繕っているでしょう。

何年本性を隠せるか。心の中のモンスターを隠せるか。

 

私はそこから脱出できて子供を守れた。そして人に恵まれている。

まだまだ実力も経済力も何もないけれど、人に恵まれ応援される私はきっと幸せになれる気がする。そうだよね!!

 

愛と勇気と希望と共に

読んでくれてありがとう