50歳からのリスタート

イタリア人夫と去年離婚しました。1人でも大丈夫。心の自立ブログ。

イタリア

イタリア日記19

勇気ある大好きな皆様へ Aがウルビーノで頑張って勉強している間、私はウルバニアの市民カルチャーセンターみたいのに申し込んで2年間も陶芸を無料で学ぶ事ができました。 まるまる2年間ではなくて、1年の中で確か3~4ヶ月開催する陶芸コース。 趣味と…

イタリア日記18

勇気ある大好きな皆様へ だいぶ気力が戻ってきたので、昔を思い出してもじめじめしない!! ハチ公と一緒にキャンプ場にテントをはって旅をしたのも最高でした。 ウンブリア州 街の名前は覚えていないけど、夏に南イタリアの実家に行く途中にウンブリア州の…

イタリア日記17

勇気ある大好きな皆様へ 仕事が楽しくて嬉しい。こつこつと覚えていける事が多い。前の仕事は慣れてしまい、ただ毎日をこなしていた。愚痴や悪口にも巻き込まれていた(自分も言っていたから同罪です)成長できる自分を感じられなかった。 今の職場は日当た…

イタリア日記16

勇気ある大好きな皆様へ 娘と仲直りできて、生きる気力が戻ってきました。厳しく言っても何も生まれないのが良く分かったので、気持ちを立て直してしっかり彼女の心に寄り添うを頑張ります。 本業で自分なりに大きな手ごたえを感じる事がありちょっとご機嫌…

イタリア日記15

勇気ある大好きな皆様へ 元号の発表!令和ですか。昭和世代の我々には何となく親近感がありますね。Rですね。Hの変わりに。 子供と喧嘩をしてしまい一気に人生のどん底気分の私ですが、気を取り直してイタリア日記を書いてみます。 幸せな記憶 Sant`Angelo i…

イタリア日記14

勇気ある大好きな皆様へ 頑張って働いて晩酌して眠い。でもこうしていたら一向にイタリア日記は終わらない。頑張ってみる。 中部イタリア マルケ州 フレンツェがあり、一時期は本や映画でも取り上げられる事の多かったトスカーナ州の右側にマルケ州は位置し…

イタリア日記13

勇気ある大好きな皆様へ 良いお天気ですね!昼まで時間があるのでまた時間を決めて書いてみます。こうして書き進めていくと、やはり相手のいる事なので、どこまで書いてよくてどこまで書いたら迷惑になるか悩みます。国際結婚、離婚、イタリアなどの検索で上…

イタリア日記12

勇気ある大好きな皆様へ まだ寝てないし・・。明日はお休みなので夜更かししても大丈夫! 日本での生活が始まる Aの来日 1年間遠距離恋愛をして、文通とたまにする電話で私達はお互いへの思いを繋ぎました。一生懸命だったので全く不安では無かった。 私は…

イタリア日記11

勇気ある大好きな皆様へ Google Analyticsで調べると、見てくださってるページを調べるとトップページが一位で国際結婚&離婚が二位になっている。 一番人気の無かったイタリア日記を読んで下さる方が確実に増えているようです。 嬉しい! 時間と気合がない…

イタリア日記10

勇気ある大好きな皆様へ 今日は娘と出かけて磯丸水産で海鮮丼を食べてサワーを飲んで気持ち良く寝てしまった。そしてまた夜に向けて活動する。 見出しってすごく良い!見出しがあると文章がどんどん書ける。魔法の見出し。 Tさん宅を飛び出す私 ローマ オー…

イタリア日記9

勇気ある大好きな皆様へ 洗濯物を干すべきなのに、パソコンにかじりつく私。だって楽しいんですもの。見出しの使い方も分かったし。見出しが使ってみたい・・。 注目記事の中に一番人気の無かったイタリア日記が上がってきている。ランキングとかから見にき…

3.11が過ぎて(2)

勇気ある大好きな皆様へ 仕事が上手くいったのでいい気分でワインを飲んだら寝てしまった。で、今はすっきり目が覚めて書く気満々。 イタリアに正に命からがらに辿り着いた私達。イタリアでは日本全土が放射能に覆われて、もう住めないのではという認識だっ…

イタリア日記8

勇気ある大好きな皆様へ 反響の案外薄い私のイタリア日記ですが、元はと言えば私の30年間は何だったのかを消化する為に書きたい!がブログを始めた一番のモチベーションです。 去年までの私が書いたら、恨み辛み憎しみ嫉妬で、読む人全員が気分が悪くなっ…

イタリア日記7

私が日本から到着する前から、私の写真を見て僕はこの娘と婚約すると意気込んでいたB。到着して初めてレストランに顔を出した時からの圧力たるや凄まじかった。 私はあまり強くアピールされるとどんどん引いてしまう我儘な人間なので、タイプじゃなかったの…

イタリアレストラン 鹿児島 マンマの味 もんパスタ

もんパスタ 鹿児島 私のイタリア、ローマ語学学校時代の大切な友人、晴美ちゃん♪ 長いイタリア生活に終わりを告げて、今は故郷鹿児島で可愛いパスタ屋さんをきりもりしている。背が高く美人でいつも笑顔で太陽のような晴美ちゃん。鹿児島は遠くていつ行ける…

イタリアに住む大切な友達

イタリアのシエナ在住のあつこさん。なかなか会えないけど、ずっと文通(昔はメールで今はライン)していていつ知り合ったのか覚えていない位です。苦楽を共に歩んでいる戦友のような気持ちです。彼女がご案内する中部イタリア。シエナ近郊の手作りツアーへ…

イタリア日記6

Tさんはテルミニ駅の近くで、イタリアレストランをご夫妻で経営している。 旦那さんがかなり年上なので、Tさんが名物おかみとしてばりばりレストランを切り盛りしている。私は昼間も夜もずっと二人でKちゃんのベビーシッター。可愛いし私にとっても懐いてく…

イタリア日記5

少しずつイタリア語を覚えてきた。語学学校で色んな国から来た友人達と片言のイタリア語を駆使してお喋りするのも楽しかった。ローマは町中が遺跡みたいなでどこを見ても飽きない。休みの日には色んな所に行った。 サンタンジェロ城 フォロロマーノ ナボーナ…

イタリア日記4

ローマでの日常。私はKちゃんのお世話と家事全般。家に篭り子供と二人。生活に慣れてからという事で語学学校にもなかなか通えない。子供と日本語での会話のみなのと、家の中が生活の全てなのと、外国なのと、他人と住む緊張感とホームシックとなかなかストレ…

イタリア日記3

イタリア日本のハーフであるKちゃんは今では立派な大人になっているけど、あの当時は小さくて本当に可愛かった。最初はもじもじしていたけど、すぐに懐いてくれてご両親がレストランで働いている間に二人で家で過ごした時間をはっきりと覚えている。 おもち…

イタリア日記2

イタリア語を数ヶ月勉強したとはいえほぼ話せない。空港に私を迎えにTさんがKちゃんを連れて来てくれた。小さな人見知りのKちゃんがとても可愛かった。Tさんは江戸っ子って感じの声のハスキーな迫力のある女性。私はこの方と同じ家に住みやっていけるのだろ…

イタリア日記1

私は30年前美術の専門学校を卒業して、大きな雑貨屋さんに社員として就職が決まりかけていた時に、海外を飛び歩いていた叔母に声をかけられて、迂闊にもイタリアにほいほい行ってしまったのです。「かおるはイタリアがぴったり!」と・・・ 今となっては悪…